幸福の科学の学校建設を考える

ooginosato.exblog.jp
ブログトップ

幸福の科学 急拡大する劇場型宗教の行方 11月13日号 週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンドが「宗教とカネ」の特集を組んでいる。

「成長か衰退か 3大新宗教の攻防」というコーナーで、幸福の科学について、「急拡大する劇場型宗教の行方」という記事が書かれている。

6ページにわたる本格的な記事だ。

大手代理店がまとめたイメージ調査では「幸福の科学が統一教会と同じように見られている」ことがわかった。それにショックを受けた大川総裁は、他宗教の亡くなった創始者などに憑依して、それら自身の宗教を酷評することにしたようだ。

幸福の科学学園のことにも触れている。

今年4月、栃木県那須町に中高一貫校を開校し、同時に政財界のエリートを養成する「HS政経塾」もスタートさせた。
学習塾やタレント養成スクールにも手を伸ばし、2013年4月には「幸福の科学学園関西校」、16年4月には「幸福の科学大学」を開校する計画。

幸福の科学の収入は年間1700億円と推定され、最近は不動産を買いまくっているらしい。

2008年3月には大学建設のために千葉県で31万㎡の土地を購入し、大津市でも約8万㎡の土地を購入することを決めたという。ほかにもオフィスビルを次々に購入している。

また、これまで賃貸だった全国約420ケ所の支部も、2003年から購入を進め、すでに約200カ所を自己所有にした。今後すべての施設を自己所有にする計画らしい。

幸福の科学の収入源のひとつが出版事業などの収益事業。
大川総裁の600冊に及ぶ著書、映画のチケット、月刊誌を書店で販売したり、信者が売り歩く。
これらは課税対象の事業だが、ほかに非課税のセミナー参加費や祈願料、仏具や法具販売、大川総裁の著作の理解を深めるテキストへの寄付もあるとか。
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2010-11-13 16:04 | マスコミ