幸福の科学の学校建設を考える

ooginosato.exblog.jp
ブログトップ

幸福の科学学園、大津に関西校を計画 13年開校目指す 12月3日朝日新聞ほか

学校法人「幸福の科学学園」(栃木県那須町、泉聡彦理事長)が2日に、関西校開設を目指し、大津市仰木の里東2丁目などの土地約79,000㎡を所有する独立行政法人「都市再生機構(UR)」から買収する譲渡契約を結んだと発表したことが報道されている。

学園側からこの問題について、マスコミへ正式に発表したのはこれが初めて。

学園は今年4月、栃木県那須町に全寮制の中高一貫校を開校。関西校はこれに次ぐ2校目となり、2013年4月の開校を目指す。

地元住民が反対していることを朝日新聞だけが伝えている。

朝日新聞によると、
「予定地周辺の住民の一部が布教活動によるトラブルや地域のイメージダウンなどを懸念し、反対運動が持ち上がっている。予定地に隣接する仰木の里東2丁目では11月、自治会で建設反対を表明する議案を可決。計画の現状や今後のまちづくりについて話し合う集会も12日に開催予定で、住民に参加を呼びかけるチラシを配布した」
というもの。

これに対して、幸福の科学グループ広報局は、
「具体的な計画は構想中。地元の自治会などには一通りあいさつを終えている。今後は計画の概要ができた段階で、住民のみなさんに説明したい」
としている。

記事はこちら

朝日新聞 12月3日
幸福の科学学園、大津に関西校を計画 13年開校目指す

産経新聞 12月3日
「幸福の科学」が大津に中高一貫校計画

中日新聞 12月3日
開校へ土地を取得 幸福の科学学園、大津に中高一貫校

京都新聞 12月3日
大津に関西校13年開校 幸福の科学学園が発表
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2010-12-04 09:30 | マスコミ