幸福の科学の学校建設を考える

ooginosato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:教義( 3 )

新版『太陽の法』幸福の科学出版

d0194830_22355071.jpg
手元に2000年10月7日第31刷の『太陽の法』と2011年1月17日改版第1刷の『太陽の法』がある。
2011年のものは「改版」となっているが、どこが改版されたのかという説明は本に書かれていない。

そこでざっと比べてどこが変わったのかを説明する。
もしかしたら、これは日本で初めての『太陽の法』改版解説なんじゃないだろうか。大したことでもなんでもないが。

細かなところでは、ひらがなの「なに」を漢字の「何」に変えたりしたり、行を詰めたりしているが、こんなことはどうでもいい。

大きな改訂は2つ。

ひとつは高橋信次に関する記述をバサッと切ったこと。
もうひとつは大川きょう子に関する記述を跡形なく消したこと。
具体的には以下の3カ所。

(1)高橋信次への共感と批判の端緒

大川隆法が大学卒業前に高橋信次の著作を数日で読破し、高橋信次に共感したことや仏教哲学の思想性がないことに危惧したことなどがきれいになくなっている。
「著者(高橋信次)が心の問題を掘り下げようとしている点、宗教と科学を一致させようとしている点にある種の共感を持ちました」
「高橋信次が、日大工学部の電気学科に一時期在籍したことのあるエンジニアであったので、初歩の科学知識レベルで仏教解説をする点が、私としては納得がいかず.....」などの部分。

<旧版のp.347から9行分を削除>

(2)高橋信次の日蓮批判の批判や高橋信次亡き後のGLA批判

高橋信次が日蓮を批判し、死後600年も地獄に落ちていたかのように講演で述べたことがあるが、現在は反省を経て高級霊であることや高橋信次自身が霊示を送ってきたこと、そのなかには大川隆法が釈迦の再来であることなどが述べられていた。

また、「霊道現象を中心としたGLA教団とは、原始釈迦教団を偽装した仙人教団であったということです」と超常現象の方法などを批判していた。
「霊力のみで人々を従わせようとする態度は、役行者的呪術支配であって、仏教の正統な信仰と伝道のスタイルに反するものです」というところもなくなった。

<旧版のp.351から10ページと1行分を削除>

なお、この部分の削除によって、大川隆法が「伝教(最澄)は現在地獄で修行中ですし....」という記述もなくなった。

これが幸福の科学学園関西校の建設予定地の隣にある比叡山の麓の坂本地域を配慮してかどうかはわからない。住民説明会では伝教大師を尊敬している地元感情を指摘する人もいたが...。

(3)きょう子との結婚のこと過去の縁

「私自身も、88年春には、東大の英文科を卒業したばかりの、きょう子を妻として迎え、家庭が安定することによって、一層仕事に専念することができるようになりました。この結婚は、多くの人々の祝福をうけ、会の大発展の基礎となりました。また妻とは、アトランティスの時代にも、古代インカ帝国の時代にも、ギリシアの時代にも、夫婦の縁で結ばれていたことが判明しました。」
<旧版のp.368の以上の文章を削除>

改版の目的は、以下の3点だろう。

①影響を受けてコピーを多くしている高橋信次、GLAとのとの関係を隠すこと

②高橋信次の行っていた超常現象を「仏教の正統な信仰と伝道スタイルに反する」と批判すると、自分の霊言の方法を批判していることになるので言わないようにすること

③名誉毀損、離婚調停裁判にまでなってしまった大川きょう子の存在自体を消去すること

聞くところによると、教義はセミナーでも扱われ、信者は試験も受けていたようだ。
今回の教科書改訂で受験生は大きな迷惑を被ることになるんじゃないだろうか。これは円周率を「3.14」から「3」に変えたどころの問題じゃないと思う。

「妻とは、アトランティスの時代にも、古代インカ帝国の時代にも、ギリシアの時代にも、夫婦の縁で結ばれていた」なんて、気障な男が口説くときにしか言わないような恥ずかしいことを書くのがいけない。
でもきょう子さんのこと、文殊菩薩とかナイチンゲールとかアフロディーナの生まれ変わりなんて言っていたのになあ。それが今では名誉毀損、離婚調停裁判とはなあ。

しかし、信者には迷惑なんてことないか。
エル・カンターレが不動なら問題ないってことになるんだろう。

幸福の科学という宗教はなかなか信じられない教義をもっているとは思っていた。
その教義を自らの都合で変えるなんて、信者がよくついてくるなあ。

でも、それがカルトのカルトたるゆえんなのだろう。
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-05-03 22:47 | 教義

大川隆法『教育の法』幸福の科学出版

d0194830_2258549.jpg学校法人の創設者の本として、この本は良く出来ていると思う。

日本ではある時期まで教育、とくに公教育が経済を発展させた。政府が校舎などにお金をかけ、義務教育を普及させたことが識字率を上げ、読み書きの出来る子どもをたくさん作った。それが日本を経済的に発展させた理由という。
しかし、今はその公教育が処世術を教えるところになってしまい、教師も協調性ばかりを教える。それで個性がある子どもが育たない。

これは、先生に価値判断がないためである。つまり宗教的バックボーンがないからいじめは隠蔽されるし、生徒の個性が育たないから企業家が育たない。
だから大川隆法は宗教をバックボーンにした学校をつくろうと思った。

と、ここまでは建学の精神と教学理念が一貫しているように思う。
私立学校の理事長で学校をつくるにあたって、本を一冊書くことの出来る人が日本に何人いるのだろうか?
ほとんどいないと思う。そういう意味では大川総裁はひとつの体系だった主張をもっているといえる。褒めるつもりはないが、ここまでは許せるだろう。

ところが、いじめ問題の本質に迫るような記述では、??????と思うようなことがいっぱい出てくる。

いじめをどうしてなくすかなどは、安倍内閣の教育再生会議などを引用して、加害者に厳しく、被害者を守る、ということなどを展開する。

しかし、そもそもいじめが起きるのは生徒に「悪霊」がついているからであり、教師がいじめについて、「みんなで話し合いなさい」などと逃げるのも教師に「悪霊」がついているからだという。

そしてあまりにひどいいじめにあったら、「幸福の科学の学生部のひとに相談に乗ってもらう」ことを勧める。仏法真理塾「サクセスNO.1」が全国70カ所くらいにあるので、そこに来なさいという。
もっとひどい悪霊憑依のいじめには、「支部での悪霊撃退祈願にあわせていじめ撃退をしてもらってください」と書いている。
「いじめている人たちの名前を書き、その名前を読み上げて『この子たちの悪霊撃退をお願いします』」というらしい。デスノートのようにいじめている人たちの名前を書くことから始まるという。

これは正気かと思う。
いくらなんでも学校の創設者が書く文章ではないだろう、と感じる。

でもこれがカルトっぽい宗教の由縁だろう。

また、学校法人幸福の科学学園の中学校・高等学校には、学力だけで入るのは相当難しいらしい。

そのため、仏法真理塾「サクセスNo.1」での何年かにわたる精進や幸福の科学における両親の活躍も加味することになっているという。

えーーっ、と思う。
なんじゃ、これは?

要するに子どもを幸福の科学の塾に通わせて、親も寄付や祈願などで教団に貢献したら、生徒の試験の成績とともに評価してあげますというのだ。

『新宗教マネー』(宝島社新書)にも書かれていたが、幸福の科学は一家の誕生から死亡まで、ことごとくお金を出させるしくみを作っている。

大川隆法総裁は、わかっていてそういう教団の教祖を演じているのだ。

それが「疎外」された教祖と違うところだ。

いじめを祈願で撃退する。
そのための祈願料が必要。
幸福の科学の塾にも行かないといけない。
親も寄付をしなさい。
そういうストーリーがあるのだ。

大川隆法が、この学校を作ることによって、本気でいじめをなくそうと考えているとは思えない。

いじめにあった生徒の収容の場、親たちが子どもを避難させる所、そして何より性根のある信者を育てる学校。
そういう意味で、全寮制の学校を全国にたくさんつくることを大川総裁が計画しているのだ。

でもそういうこととはつゆ知らず、大川総裁の言葉が聞きたくて、先日、全国から大津市に1,000人以上の人が集結したらしい。

こういう学校が次々とできると世の中どうなっちゃうんだろう?

そういうことを許す世の中ってどういうところなんだろう?

なんか虚しくなる。
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-04-07 23:04 | 教義

大川隆法『太陽の法』、麻原彰晃『真実の仏陀の教えはこうだ』

d0194830_23105220.jpg
この二冊を読むと、「毒をもって毒を制す」とはこのことかいう感じだ。

こういう本を読むと宗教の教義とは何なのだろう?と思う。

仏教理解は麻原の方が正しいと1990年代初めは言われていたが、サリン事件などが起きたのですべてがなかったことになったのだろう。

『太陽の法』を読むと、幸福の科学という宗教のSF的であり、オカルト的でもある特徴がよくわかる。

大宇宙の根本仏(根本神)は、おそらく二十次元以上の存在。
地球系としては、十次元までしかなく、太陽系としては十一次元ある。
(p.44)

しかし、九次元の悟りが大事で、九次元の世界は、縦、横、高さ、時間、精神、真理知識、利他、慈悲、宇宙で構成される。
九次元世界の住人は、大宇宙の進化のなかで、地球系霊団を指導している方たち。(p.42)

九次元の悟りを得ている大指導霊は10人いる。
(表側)
釈迦(エル・カンターレ)
イエス・キリスト
孔子
マヌ
マイトレーヤ
ニュートン
ゼウス
ゾロアスター
(裏側)
モーセ
エンリル
(p.234)

かつて、金星の支配者であり、地球霊団の最初の九次元存在であったエル・ミオーレがエル・カンターレと名前をかえた。意味は、「うるわしき光の国、地球」。このエル・カンターレが2500数十年前に、釈尊としてインドにあらわれた。釈尊はその後、転生する。

ラ・ムー(ムー大陸)
トス(アトランティス大陸)
リエント・アール・クラウド(古代インカ帝国)
オファアリス(ギリシア)
ヘルメス(ギリシア)
ゴータマ・シーダールタ(インド)
大川隆法

と生まれ変わるのだ。(p.359)


こうなってくるともうどうでもいいような気がする。

しかし、1991年当時は、オウム真理教などの活動が活発だった時期で、麻原彰晃は幸福の科学の「太陽の法」などを以下のように批判した。

・一貫した世界観がなく、仏教やキリスト教などのツギハギが混乱を呼んでいる
・「大魔境」としか思えない
・現代科学へのとらわれが世界を小さくする
・悪の根源を他人のせいにする
・仏教の常識が通用しない大川流
などなど。



d0194830_23151263.jpg
幸福の科学は教義のベースを仏教に置いているようだが、麻原彰晃によると、この仏教解釈が大ウソらしい。

八正道が仏教の7科三十七道品の根幹をなす教えらしいが、その八正道の順番が間違っているとのこと。
「正思」の位置が『真説・八正道』では6番目にあるが、『釈迦の本心』では3番目。本当の仏典では2番目らしい。
麻原は大川による「正見」の解釈もデタラメだという。

こういう仏典解釈になると、麻原が伝統的な解釈に基づいているのに対して、大川は独自の解釈をしたのだともいえる。どっちが正しいとかの問題ではないように思う。

幸福の科学の特徴は以下の3つが大きいのだろうか?

・独自の宇宙観。
・転生の具体的人物の特定。
・最高神としてしてエル・カンターレを位置づけ、その転生した具体的存在としての大川教祖を絶対的に崇める。

人生には煌めきが重要で、第一に病からの立ち直り。しかし、その8割は憑依霊につかれたため。
第二に信仰への目覚め。ここで唯物主義を批判する。
第三に「霊言現象」などの霊的啓示を受けること。

つまり大川教祖への憑依した霊が語る言葉が教義と同じ位置に置かれている。
(p.317)

第6章の後半からは、一転して大川教祖の自叙伝が展開される。
宇宙や悟りからいきなり現実世界への転換である。

GLAや高橋信次に対する批判もきつい。
どうみても高橋信次亡き後の信者の取り込みとしか思いようがない。

そして最後はフライデー事件などでの<希望の革命>のこと。

フライデーの大川氏への名誉毀損報道から業務妨害、それらの訴訟にまで発展した一連の事件を教団は<希望の革命>と呼んでいる。
この本でも<希望の革命>が垂れ込めた暗雲を吹き払ったことにしている。日本人全体を汚染し続けていた精神的公害を一掃する正義の戦いが<希望の革命>だったとの位置づけ。
幸福の科学の第一経典とも呼ぶべきこの本に、業務妨害では裁判で負けているこのことを書くのはどうしてだろう?

『太陽の法』を読むと、幸福の科学というSF的、オカルト的な宗教が現代人に受けるのはなんとなくわかる。
しかし、小川朋子や景山民夫などのようにデモをしたり、全国の信者のように講談社へのファックス・電話攻撃など社会への威力行動を行う理由がよくわからない。

信者もどうして簡単にそんな行動をとるのか?
このあたりがカルト宗教のカルトたるゆえんかもしれない。
そういう行動をとるので「カルト」と呼ばれるのだろう。

この教団は教義そのものより、教団の運営の手法の方に問題があるのかもしれない。
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-03-05 23:13 | 教義