幸福の科学の学校建設を考える

ooginosato.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

浅見定雄『新宗教と日本人』晩聲社、大川隆法『ノストラダムス戦慄の啓示』幸福の科学社

d0194830_23434424.jpg
『新宗教と日本人』には浅見氏の「“幸福の科学”からの手紙」-「“幸福の科学”教義の滑稽をめぐって」が掲載されている。このなかに引用されている大川総裁の本があまりにもひどい差別的な内容なので本当かと思って読んでみた。
読んでみると浅見氏のいう通りひどいので驚いた。

『ノストラダムス戦慄の啓示』と聞くと、ノストラダムスの翻訳か何かと勘違いする人もいるだろう。まえがきやあとがきでも霊人としか書かれておらず、まさか大川総裁がノストラダムスの名を語って作った話だとは気がつかないと思う。

話の内容は日本とイスラエルが世の支配をすることになるというものだ。
諸外国には差別的な言葉が浴びせられている。



d0194830_2346313.jpg
ロシアには「呪いがかかっている」(p.18)
イギリスには日本に「許しを乞うがよい」(p.27)
フランスには「悪しきことを心に抱いている」(p.33)
東南アジアの国々は再び日本の「軍門に下らん」(p.38)
中国には「数限りなく犯され続けてきた」(p.41)
「8億人は死ぬ」(p.114)
北朝鮮と韓国には「おまえたちは没し去るであろう」(p.45)
アメリカには、自由はよかったが平等主義によって「精神に次々と障害が生まれている」(p.81)

21世紀、日本は無敵となり、
アメリカの「のどを食いちぎり」
力尽きたロシアを「打ち倒し」
老いたヨーロッパを「あざ笑い」
中国を「奴隷とし」
朝鮮を「端女(はしため)とする」(p.159)

日本に興る「太陽の法」(つまり幸福の科学)が世界を救うのだ。(p.163)

という内容の本だ。
浅見先生はこの本を詳細に批判しているが、普通の人はこんな本を読むのも苦痛だろう。

ノストラダムスの言っていたこと自体がかなりいいかげんだと思っていたが、実は当時、この本のような内容だったのかもしれない。
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-22 23:45 | BOOK

幸福の科学はカルトなのか?

d0194830_7473846.jpg
(2009年9月18日PJNewsより。表をクリックするとはっきりと読めます)

2009年9月18日のPJNewsには「幸福の科学は“カルト”なのか」という記事がある。

幸福の科学はカルトなのか。

ジャーナリストの藤倉義郎氏は「私自身は、カルトである可能性を念頭に置いて警戒すべき対象であると考えている」と書いている。

日本ではカルトの定義は明確でない。

藤倉氏によると、「カルト問題に取り組む人々の間でコンセンサスとなっている判断基準は、“人権侵害などの反社会的要素があるかどうか”である」らしい。

オウム真理教によるサリン事件や統一協会による霊感商法の数々の訴訟はわかりやすい典型的な例だ。しかし、藤倉氏は、「人の精神や行動を束縛し、その手段や結果に反社会的な要素があれば、私はカルトと呼ぶ」と言っている。

では、幸福の科学のどこが反社会的なのかについて、PJNewsの記事によると次の点だ。

(1)フライデー事件を反省していないこと

1991年の「フライデー事件」では幸福の科学の信者たちは講談社に乗り込んでハンドマイクでがなりたて、電話やFAX攻撃で会社業務をマヒさせた。
フライデー事件では、教団が原告となった訴訟のほかに、全国7つの地方裁判所で信者約3000人が講談社を相手取って訴訟を起こした。賠償請求額の合計は約30億円。教団が原告となった訴訟については教団が勝訴したが、個々の信者による訴訟は、フライデーの記事で実名を挙げられた作家・景山民夫氏と女優・小川知子氏について計60万円の賠償が認められただけで、ほぼ全敗。これによって、団体が名誉を傷つけたとしても個々の構成員に賠償請求権はないとする判例が確立された。

しかし、教団はこれらを<希望の革命>と呼んで反省はみじんもないのだ。


(2)常軌を逸した額の損害賠償を求めて訴訟を乱発してきたこと

幸福の科学は、これまでメディア以外に対しても手当たり次第に牙をむいた。1993年には、暴露本を出版した元幹部に対して、幸福の科学が1億円の支払いを求める訴訟を起こした(最高裁で敗訴)。95年には、教団の施設建設に反対していた栃木県の住民団体代表者を相手に、1億円の賠償金を求める訴訟を起こした(その後、取り下げ)。

1997年には、幸福の科学から献金を強要されたと主張する被害者の訴訟代理人・山口広弁護士に対して、8億円の損害賠償を求め提訴した(最高裁で敗訴)。山口弁護士を訴えた訴訟の判決で東京地裁は、提訴を「教団を批判する者に対する攻撃、威嚇の手段として訴訟制度を利用」しようとしたとして、逆に幸福の科学に100万円の賠償支払いを命じている。高裁で、この判決が確定した。

PJnewsに掲載されている幸福の科学が起こした訴訟の数々が上の表。
これは裁判所を、メディアや地域住民に対する「威嚇攻撃」の道具として使っているようにも思える。

藤倉氏はこう書いている。

宗教団体にも訴訟を起こす権利はある。しかし「攻撃、威嚇の手段として訴訟制度を利用」するのは、どう考えても反社会的だ。もはや“訴訟カルト”と呼ぶ以外ない。

幸福の科学の広報は
「うちは、もう10年くらい、訴訟もほとんどなく、おとなしくしているんですよ」
と言っているらしい。

では、最近おとなしいからもう安心なのか?

藤倉氏は「その後、ほとんど訴訟がない(新潮社を訴えたケースはある)とは言え、本格的な批判報道がない中でのことだから、“安全宣言”の根拠としては不十分だ」という。

要するに、安全でない理由は過去に起こしたことに対する反省がないからだ。
反省がないところに同じ行動を引き起こさない保証はないというのだ。

「批判報道がない現状自体が、そもそもフライデー事件の威嚇効果なのではないか。幸福の科学の関連サイト<幸福の科学 法務室>には、彼らの対メディア闘争の歴史が記されているが、高額な賠償を請求した濫訴への反省はない。フライデー事件の頃にはなかったインターネットが普及し、一般市民の言論の幅が広まっている現在だからこそ、反省なき“訴訟カルト”は、よりいっそう警戒されるべき存在だろう」(PJNewsより)

たしかに幸福の科学のホームページには法務室というページもある。
これがとても詳細に書かれているので、法律の素人が一通り読んだけでは問題がわからないように思う。

しかしよく読むと、自分の負けた8億円損害賠償訴訟などは「誤判」と断定しているし、フライデー事件については、マスコミ報道を「精神的公害」と決めつけ、自分たちの行動を<希望の革命>と呼んでいるのだ。

事実と照合して判断しないとわからないように、<法務室>のページは巧妙に作られているのだ。

法律に対して、こういう感覚の団体は、もはや地域社会と平和的に共存することは不可能だと思える。

PJNEWSの記事はこちら
幸福の科学は“カルト”なのか 2009年09月18日 06:20 JST
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-16 08:15 | 裁判

山田直樹『新宗教マネー』宝島社新書

d0194830_045630.jpg
幸福の科学に限らず新宗教の教団にはお金持ちが多い。

幸福実現党は2009年夏の衆院総選挙で337名の候補者を立て、全員が落選した。法定得票数を下回ったため、11億5800万円の供託金が没収された。その他の選挙費用も合計すると、夏の衆院選で80~100億円のカネを使ったことになるらしい。

その直後に制作した教団の第6作となる映画『仏陀再誕』では宣伝費だけで20億円以上かかったという。

どうしてこんなにお金があるのか。
それは出版を中心とした古いビジネスモデルが有効に働いているかららしい。

今や創価学会の池田本を上回る大川総裁のヒット本の数々。
出せば必ず売れる。
出版流通関係者によると「必ず買っていく」固定客がいるからだそうだ。
そういえば信者は大量に買い込んで配っている。

出版社を含む幸福の科学の蓄財は年間2000億円以上といわれている。

創価学会にすさまじいライバル心をむき出すようだが、目指しているのは創価学会と同じく「家の宗教」。

幸福の科学は0歳児から6歳児を「エンゼル信者」と呼んで0歳からでも入信できる。
少年少女期は、経営している塾へ、中学校・高等学校をつくり、大学もつくる計画。
シニア塾もあれば、納骨堂や墓の事業もある。

一生を通じて、信者をビジネスの対象とするしくみをつくっているのだ。

幸福の科学が学校づくりに興味を示すのは信者養成のほかに、学校法人にも非課税特権があるからだという。その上、私学助成金まである。

この本に貫かれているのは、非課税組織としての宗教法人の見直しだ。
たしかに見直す時期かもしれない。
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-16 00:05 | BOOK

有田芳生『「幸福の科学」を科学する』天山出版

d0194830_17304518.jpgこの本を読んだ後、先月の週刊ダイヤモンド(11月13日号)の特集「幸福の科学 急拡大する劇場型宗教の行方」を読んだ。最近の動向を見ても、20年近く前に有田氏が書いた本が古く感じられない。

その理由は、幸福の科学の教団としての性格が20年前とほとんど変わっていないからではないだろうか。大川総裁の著書販売や講話、セミナーを中心とした布教と集金のしくみ。他の宗教や教団からコラージュしたような教義。憑依を素材にしたアトラクションによるセミナー開催と著作製造。
また、政治的には約20年前には自民党のタカ派と近い考え方だったが、今も同じようだ。

変わったのは、大川総裁が書いた本の冊数が増えたことと、教団の集金システムがより現代的になったこと、幸福実現党をつくって自ら政界に進出したことくらいだろうか。宗教施設の建設や学校法人の設立によって、不動産資産が急増したことも変化のひとつかもしれない。
 
『「幸福の科学を科学」を科学する』によると、1986年に「幸福の科学」が設立される前は、『霊示集』を大川の父である善川三朗の名前で発表していた。
しかし、幸福の科学として世に知られていく過程で、父の善川三朗が参謀役、大川隆法が巫女役になって発展していったらしい。

大川隆法の教えは、GLA(1969年に大宇宙神光会として発足した教団)の教祖・高橋信次の考えやスピリチュアリズムに大きく影響を受けている。また、生長の家が『人類光明化運動』や『七つの灯台の点灯者の啓示』で、日本や日本人を特別だと強調するナショナリズムの影響も受けているようだ。

この本に掲載されている信者による座談会も興味深い。
座談会の参加者は、宗教として「幸福の科学」を捉えず、知の部分に共感している者、環境問題に興味があった者、宗教に興味があったが修行などは嫌だった者など。オウム真理教の信者のように、この世を憂い、切実な救済を求めているような感じではない。

しかし大学のサークルなどではノストラダムスの啓示に惹かれて参加する者も多いようだ。

最も興味深いのは、「“幸福の科学”VS講談社戦争」の真相の章。

大川総裁が商社にいる頃にノイローゼの相談に来たという者の証言や家族で撮った写真を講談社の「フライデー」が掲載したことに対して、名誉毀損、肖像権の侵害などとして、講談社の通信手段を麻痺させる攻撃をしかけた事件だ。幸福の科学の信者などから講談社へ「フライデーの廃刊」を求める電話とファックスは1991年9月2日の午前9時頃から9月6日の午後9時頃頃まで続いた。

有田氏は信者などへの取材により、これが組織的・集団的な攻撃だったことを明らかにしている。幸福の科学の東京北部統括支部では地区ごとに担当者が決められ、時間を区切って送るように指示されていた。九州本部では支部ごとにファックス番号が割り振られ、「ファックスは自宅からです。支部からは送信禁止です」との注意書きまであった。

当時、幸福の科学の批判記事を書いていたのは、講談社のフライデーだけではない。『新潮45』(新潮社)や『正論』(産経新聞社)も批判記事を書いていた。
では、どうして講談社にだけこのような攻撃をしたのか。

その理由として、有田氏は、幸福の科学が講談社と真如苑が幸福の科学を潰そうと思っていたことを記者会見で言ったことを上げている。
しかし、ほかの理由の方が説得力がある。

ひとつには、講談社が叩きやすかったこと。
アグネス・チャンの抗議を理由に『デイズジャパン』を廃刊したことやビートたけしが殴り込みをかけた「たけし事件」に典型的な人権感覚を問題にすれば、講談社指導部が簡単に折れると思っていたことをあげている。

また、この攻撃の背景には、幸福の科学が会員拡大の目標を達成するために、組織を引き締め外部に打って出る必要があったこと、もし目標を達成できなかったとしてもマスコミの攻撃によるものだと責任回避できることだろうと言っている。

この本を書いた有田氏に、「20年近く経って、この事件について書き直す必要はないのですか? どうして、幸福の科学はいまでもこの事件を“希望の革命”と呼んで反省していないのですか」
と尋ねた。

有田氏からは親切にもこのような回答をいただいた。
------------------------------------------------------------------------------------
かつての著作に(古くなったとはいえ)変更点はありません。

「希望の革命」は幸福の科学のHPにこう書かれています。
〈「希望の革命」が始まり、精神的公害を一掃する正義の戦いがなされる。戦
後日本が仏国土建設へ向かうターニング・ポイントとなる。〉

つまりはフライデーをはじめとして批判者は「精神的公害」という位置付けな
んでしょう。
今年選挙前に幹部たちと討論しましたが、フライデー事件に触れられるのを嫌
っていることがわかりました。言っていることと公式見解が食い違うようで
す。
-------------------------------------------------------------------------------------

この本は今や古本でしか入手できないが、言論・表現の自由の問題を考える上でも貴重な書籍だと思う。

有田氏と幸福の科学幹部との討論はこちら
「幸福の科学ナイトだぜよ!」超ロングリポート 2010年6月13日やや日刊カルト新聞
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-02 17:32 | BOOK

米本 和広, 島田 裕巳 『大川隆法の霊言―神理百問百答』 JICC出版局

d0194830_11213068.jpg

この本は大川総裁の霊言について、米本氏の質問に大川総裁の霊言が答えるというQ&A形式で詳しく解説してある。

Q30:なぜ、外国人の霊もみんな日本語でしゃべるんですか?

大川の霊:私の霊言は、最初に霊が自分の国の言葉で話し出します。それを私が翻訳しているのです。

しかし、老子の霊が「ニイハォ、バンチン、オウフウテイ・・・・・・」(『孔子の霊言』p.110)と話しているが、「ニイハォ」は古代中国語でなく、わずか数十年ほどの歴史しかない挨拶言葉である。大川総裁が霊の言葉を翻訳しているというのも信じがたいと米本氏は指摘している。。

大川総裁の霊言は、現在の常識からすると、仏教用語の間違いや歴史的事実の間違いも多いらしい。
たとえば、次のようなもの。

Q21:浄土三部教で四十八願を説いた教典はなんでしょうか?

大川の霊:「『阿弥陀経』というものがあって、阿弥陀仏を人々が救うために、四十八の“発願”をされたのであります」(『親鸞聖人霊示集』p.25~26)
実際には四十八願は『阿弥陀経』ではなく『大無量寿経』が正しいという。

Q28:仏教の教えにある「波羅蜜多」とはどういう意味ですか?

大川の霊:「波羅蜜多の『蜜』というのは、これは蜂蜜の蜜ですが、『非常に価値あるもの』『値打ちあるもの』という意味です。『多』はそれが多いという様、こんこんとわいてくる様を言います」(『釈迦の本心』p.85)
実際には、波羅蜜多はサンスクリット語の発声「パーラーミーター」を漢字で音写したもの。漢字そのものには意味はなく、サンスクリット語の「パーラーム」=(彼岸に)、「イータ」=(到った)と分解し、つまり「彼岸に到る行」と解釈するのが普通らしい。

また、歴史的事実も怪しいようだ。

Q32:内村鑑三は日清戦争に反対だったんですか?

大川の霊:「・・・私はクリスチャンの立場から言っても、こうした戦争に対して断固として反対した」(『内村鑑三霊示集』p.66)

しかし、本当のところ内村鑑三は『非戦論』で日清戦争のことを「義戦なり、・・・支那は社交律の破壊者なり、人情の害敵なり、野蛮主義の保護者なり、支那は正罰を免かるる能わず」と言って賛成している。

では、どうして大川総裁がそういう基本的な事実も間違うのか?

Q38:大川総裁先生はなぜ、教科書に載っているような常識を間違うのですか?

大川総裁:「本を読むときに・・・赤線を引いたところを全部覚えてしまうのです。それ以外のところは、記憶に残らないのです」(『常勝思考』p.70)

要するに自分の記憶だけで話す思考になっているため、基本的な事実を確かめようとしないというのが米本氏の解説。

しかし、信者の中には学歴の高い人もたくさんいると聞く。
幸福実現党や幸福の科学学園の首脳陣も著名大学の出身者が多い。

Q48:大川隆法先生の間違いになぜ、会員は気がつかないのですか?

『空海の霊言』のなかでこういう質問がある。
「これからの布教上の参考となる研究書、たとえば阿含経、華厳経、法華経などという仏典諸経の研修を行う必要はないでしょうか」

大川総裁:「その必要はありません。仏教の各経典といったところで、今語っているようなことしか書いてないのです。今後もうそんなことをする必要はありません。そんなものは捨てなさい」(『空海の霊言』p.173)

教祖の言うことや書くことだけが真理なのだというのが宗教ならば、まあ仕方ないといえば仕方ないが。どうして学歴のある人が正しい知識まで無視するのか不思議でしょうがない。

それなら、わざわざ孔子や内村鑑三、イエス・キリストの霊が語るという手法をとらなくてもよいのではないか。

Q64:大川隆法先生は仏陀なのに、なぜ他の人の名を借りて本を出したんですか?

大川総裁:「別に霊言集と問わなくとも私が書いてもかまわないのです。・・・ただ、大川隆法の名前で文章を書き、発表しただけでは世の中の人びとはなかなか信じてくれない」(『新・幸福の科学入門』p.42~43)

要するに権威の名前を借りて、都合のよいことを並べたほうが無知な人は信じるという心理を巧妙にあやつる手法なのだろう。
日本では権威主義や学歴信仰がはびこっているので、こういう霊言が信じられる土壌があるのかもしれない。

でも法的に問題ないのだろうか?

大川の霊:「霊がしゃべっていることの是非を裁判で争うことができますかねぇ。裁判になじまないということで門前払い。霊界通信が存在するかどうかなんて、存在を主張する側にしても、否定する側にしても、誰がどうやって証明するんですか」(『大川隆法の霊言』p.146)

と米本氏が大川総裁先生の霊として語っている。
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-02 12:15 | BOOK

大江参院議員が幸福実現党を離党 所属国会議員ゼロに 12月28日 朝日新聞など

参院議員の大江康弘氏が幸福実現党を離党したことを28日、自身のブログで明らかにした。

大江氏は2008年に民主党を離党し、改革クラブを経て今年5月に幸福実現党に入党していたのだ。幸福実現党では唯一の国会議員だったので、同党の国会議員はこれでゼロになった。

離党について、大江氏は「(再選を果たした)仲井真弘多知事を支援する自らの考えと合わない」と11月上旬に離党届を提出し、12月27日になって党側が了承した、といっているらしい。

記事はこちら
大江参院議員が幸福実現党を離党 所属国会議員ゼロに 12月28日朝日新聞

大江参院議員が「幸福実現党」離党 12月27日 読売新聞

幸福実現党を離党、大江参院議員 12月27日 産経ニュース

幸福実現党・大江議員が離党「天上界の声、受け入れられず」12月28日 やや日刊カルト新聞
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-02 08:36 | マスコミ

建設予定地をさらに歩く

建設予定地をさらに歩いてみる。

d0194830_1414297.jpg駐車場予定地南側から


d0194830_1425284.jpgグランド予定地北西角から


d0194830_1451529.jpgグラウンド予定地南東角から


d0194830_1441398.jpg教職員宿舎予定地西側から


d0194830_1461589.jpg教職員宿舎予定地東側から
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-02 01:46 | 建設用地

建設用地を歩く

建設用地を歩いてみる。

d0194830_129957.jpg校舎棟予定地南西側角から


d0194830_1305940.jpg校舎棟予定地南側道路


d0194830_132519.jpg校舎棟予定地南東角から


d0194830_1333988.jpg校舎予定地東側から


d0194830_134483.jpg校舎予定地と寄宿舎予定地の間の市道


d0194830_1354566.jpg寄宿舎棟予定地西北側から


d0194830_1363649.jpg寄宿舎棟予定地西側から


d0194830_1373839.jpg駐車場予定地西側から


[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-02 01:39 | 建設用地

不思議な霊言の数々

大川総裁の霊言とはどんなものかと思って、YouTubeで「日蓮の霊言」を見たら驚いた。

お祈りのようなものの後、「日蓮です」とふつうにしゃべり出す大川総裁。

日蓮の霊言はこちら

最初はコントが始まったのかと思っていたら、大川総裁はまじめだし、まわりの信者たちもまじめに聞いている。
これならわざわざ霊言などと言わずに、「日蓮上人がゆうべ私の夢に出てきてこう話したんです」と言えばいいようにも思う。「霊言」というのがよくわからない。
話のなかで、日蓮上人は幸福の科学の行く末についてアドバイスしている。

「政党の政策も短いスパンで研究してどんどんいいものを生み出して....」と話している。
なぜ日蓮上人が、現在の幸福実現党のことや政策に関心があるのだろう?

霊が降りるというのがこういうものなら、日常会話との差は何なのだろうか。


次に見たのが、「陰陽師安倍晴明/賀茂光栄の霊言」。

陰陽師安倍晴明/賀茂光栄の霊言はこちら

これも「安部晴明です」で始まる。
大川総裁の声でしゃべり、イントネーションはどう聞いても大川総裁そのもの。
話はなぜが北朝鮮の核ミサイル。安部晴明の時代は北朝鮮なんて言い方はなかったはずなんだが...。
迎撃ミサイルは「霊的にはれんがえしで返してしまうこと」とか言っている意味がよくわからない。


極めつけは、「イエスの霊言」。

イエスの霊言はこちら

「アイム、ジーザス・クライス」で始まる。
どうしてパレスチナで生まれたイエス・キリストが英語でしゃべるのかも不思議。それになぜか、話す英語もカタコト。
どう考えても中年の日本人男性が自分の知っている単語を駆使して、「あー」「うー」と英語を絞り出しているようにしか見えない。

聴衆が笑わずに聴いているようなので、宗教というのは不思議な力があるものだと思う。
[PR]
by ooginosatoeast2 | 2011-01-01 21:53 | 教団