幸福の科学の学校建設を考える

ooginosato.exblog.jp
ブログトップ

関谷晧元『虚業教団』現代書林

d0194830_21592445.jpg
これは幸福の科学の創立に関わった元信者による幸福の科学への真摯な批判の書である。

著者である関谷氏は、1986年4月に大川青年と出会った。当時エリートビジネスマンであり、父である善川三朗氏の『空海の霊言』などに霊能力者と登場する大川青年との出会いは関谷氏にとって衝撃的だったようだ。それから3年半。ある信者の女性と信託結婚もさせられた。それも大川隆法・きょう子の結婚を目立たせないためだったとか。その後、成功していた自動車販売会社を整理し、教団の重要ポストをいくつも経験している。幸福の科学出版の前身も関谷氏が立ち上げた。

この本では、宗教的な天才・大川隆法とその父・善川三朗が起こした幸福の科学という教団が、信仰のための学習中心の路線から、信者拡大の路線へと転換していく様子がまざまざと描かれている。

1987年5月琵琶湖畔のホテルで行われた幹部研修は110名が参加し、『正心法語』の解説は力強さと格調に満ちていて参加者の心をわしづかみにしたらしい。
しかし、その後大川隆法の組織運営の横暴によって、何人かの幹部が教団を離れるエピソードがいくつか紹介されている。

大川隆法の霊言による何組かの神託結婚もあった。しかしその結果、その人たちの何人かは疑心暗鬼になったり、信仰のため疑いを殺したりして、また何人かは離れていく。関谷氏は、この経験からこう言っている。「本源の神は、教祖に降りるのではなく、私たちの心にこそ宿っている。心の奥にある神に匹敵する人間など、たとえ聖人だろうと霊能力者であろうと断じていないことをはっきりさせておこう」。

新興宗教にありがちだが、大川隆法は中小企業のなかでもワンマンタイプ。決してナンバー2をつくらず、どんな古参幹部でも容赦ない。13次元の構造ピラミッド構造の組織にして、失敗すれば左遷する。しかし会員獲得などで功績があればまた本部に戻れるというしくみをつくっている。

最初、幸福の科学は、若く宗教教義に詳しい大川隆法のもとで、宗教を学習する組織だったらしい。ある時期から、会員獲得への方針に切り替えた。
これをある信者は
「光の天使」から「光の戦士」へ
と呼んだらしい。学習に寄与できない信者は、信者獲得に貢献すれば幹部への道が開けるのだ。

そして、幸福の科学は今や多くの信者からまとまったお金を毎年獲得する集金システムに支えられた教団に発展している。これには今、名誉毀損と離婚調停裁判を行っているきょう子氏の功績が大きかったらしい。

幸福の科学では、信者は会員獲得のために光の戦士になった。

信者が光の戦士となる過程で一種の「疎外」が起きる。

昔、ドイツのある社会学者は組織が「官僚制」になる過程を分析して、人と組織の疎外が起きることを明らかにした。
近代社会では、官庁、企業、軍隊、教会、政党などの運営が分業化し、合理化されて能率本位になる。すると、個人が組織の歯車になり、一種の「疎外」を引き起こす。

宗教でいえば、宗教の目的は人間が生きるために神を信仰し、心の平穏を得ることである。それが、いったん教団ができると、信仰を広めるために教団を大きくすることが目的となる。そして信者は教団なかでひとつの歯車になる。
幸福の科学の信者はその教団で歯車の一つとなり、その歯車の役割のほうが信仰を尊ぶ市民的倫理より優先してしまうことになる。
こういう現象をその社会学者は「疎外」と呼んだのだ。

教祖もまたその組織のトップとして、信仰よりも信者数、財務を支える収入のほうに興味が優先した。霊言集を量産し、信者にその本を買わせ、自著しか読ませないという方法は教祖への信仰を深めさせ、教団への寄付を促進させたのだろう。
信仰のために学習する組織として発足した幸福の科学は自分でもコントロールできなくなりつつあるのではないか。

組織のトップ、宗教の教祖もまた官僚制の下で「疎外」されてしまうのだ。


ただ、もうひとつの「疎外」が大川隆法にはあるように思う。

亡くなった日本のある哲学者は、現代社会で自己同一性(アイデンティティ)と社会で負ういくつかの役割が分裂しながら共存することを「役割疎外」と呼んだ。
家庭ではどうしようもない父親が、会社では敏腕部長だったりする。でもそのひとのなかでは自己同一性が保たれるように務めている。

この本を読み、きょう子裁判の週刊誌記事を読むと、大川隆法の実像についても考えさせられる。

官僚組織の中で、中川隆氏(大川隆法の本名)という人物は、教祖として「大川隆法」の役割を負わされている。家庭では母親離れしていない幼稚な性格も見せてしまうようだ(週刊誌の記事が本当なら)。
聖人であり霊能力者である大川隆法の役割と、家庭での中川隆氏の幼い自我を共存させなければならない。

「大川隆法」は役割疎外を負わされた存在であるように思えるのだ。


だが、他の末端信者と共に被害者とはいえない。

なぜなら、大川隆法=中川隆氏は積極的にその疎外された教祖の役割を演じるつもりだからだ。

それは『教育の法』のなかで明確になっている。
続きはそちらで。
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2011-03-31 08:48 | BOOK

大川隆法『太陽の法』、麻原彰晃『真実の仏陀の教えはこうだ』

d0194830_23105220.jpg
この二冊を読むと、「毒をもって毒を制す」とはこのことかいう感じだ。

こういう本を読むと宗教の教義とは何なのだろう?と思う。

仏教理解は麻原の方が正しいと1990年代初めは言われていたが、サリン事件などが起きたのですべてがなかったことになったのだろう。

『太陽の法』を読むと、幸福の科学という宗教のSF的であり、オカルト的でもある特徴がよくわかる。

大宇宙の根本仏(根本神)は、おそらく二十次元以上の存在。
地球系としては、十次元までしかなく、太陽系としては十一次元ある。
(p.44)

しかし、九次元の悟りが大事で、九次元の世界は、縦、横、高さ、時間、精神、真理知識、利他、慈悲、宇宙で構成される。
九次元世界の住人は、大宇宙の進化のなかで、地球系霊団を指導している方たち。(p.42)

九次元の悟りを得ている大指導霊は10人いる。
(表側)
釈迦(エル・カンターレ)
イエス・キリスト
孔子
マヌ
マイトレーヤ
ニュートン
ゼウス
ゾロアスター
(裏側)
モーセ
エンリル
(p.234)

かつて、金星の支配者であり、地球霊団の最初の九次元存在であったエル・ミオーレがエル・カンターレと名前をかえた。意味は、「うるわしき光の国、地球」。このエル・カンターレが2500数十年前に、釈尊としてインドにあらわれた。釈尊はその後、転生する。

ラ・ムー(ムー大陸)
トス(アトランティス大陸)
リエント・アール・クラウド(古代インカ帝国)
オファアリス(ギリシア)
ヘルメス(ギリシア)
ゴータマ・シーダールタ(インド)
大川隆法

と生まれ変わるのだ。(p.359)


こうなってくるともうどうでもいいような気がする。

しかし、1991年当時は、オウム真理教などの活動が活発だった時期で、麻原彰晃は幸福の科学の「太陽の法」などを以下のように批判した。

・一貫した世界観がなく、仏教やキリスト教などのツギハギが混乱を呼んでいる
・「大魔境」としか思えない
・現代科学へのとらわれが世界を小さくする
・悪の根源を他人のせいにする
・仏教の常識が通用しない大川流
などなど。



d0194830_23151263.jpg
幸福の科学は教義のベースを仏教に置いているようだが、麻原彰晃によると、この仏教解釈が大ウソらしい。

八正道が仏教の7科三十七道品の根幹をなす教えらしいが、その八正道の順番が間違っているとのこと。
「正思」の位置が『真説・八正道』では6番目にあるが、『釈迦の本心』では3番目。本当の仏典では2番目らしい。
麻原は大川による「正見」の解釈もデタラメだという。

こういう仏典解釈になると、麻原が伝統的な解釈に基づいているのに対して、大川は独自の解釈をしたのだともいえる。どっちが正しいとかの問題ではないように思う。

幸福の科学の特徴は以下の3つが大きいのだろうか?

・独自の宇宙観。
・転生の具体的人物の特定。
・最高神としてしてエル・カンターレを位置づけ、その転生した具体的存在としての大川教祖を絶対的に崇める。

人生には煌めきが重要で、第一に病からの立ち直り。しかし、その8割は憑依霊につかれたため。
第二に信仰への目覚め。ここで唯物主義を批判する。
第三に「霊言現象」などの霊的啓示を受けること。

つまり大川教祖への憑依した霊が語る言葉が教義と同じ位置に置かれている。
(p.317)

第6章の後半からは、一転して大川教祖の自叙伝が展開される。
宇宙や悟りからいきなり現実世界への転換である。

GLAや高橋信次に対する批判もきつい。
どうみても高橋信次亡き後の信者の取り込みとしか思いようがない。

そして最後はフライデー事件などでの<希望の革命>のこと。

フライデーの大川氏への名誉毀損報道から業務妨害、それらの訴訟にまで発展した一連の事件を教団は<希望の革命>と呼んでいる。
この本でも<希望の革命>が垂れ込めた暗雲を吹き払ったことにしている。日本人全体を汚染し続けていた精神的公害を一掃する正義の戦いが<希望の革命>だったとの位置づけ。
幸福の科学の第一経典とも呼ぶべきこの本に、業務妨害では裁判で負けているこのことを書くのはどうしてだろう?

『太陽の法』を読むと、幸福の科学というSF的、オカルト的な宗教が現代人に受けるのはなんとなくわかる。
しかし、小川朋子や景山民夫などのようにデモをしたり、全国の信者のように講談社へのファックス・電話攻撃など社会への威力行動を行う理由がよくわからない。

信者もどうして簡単にそんな行動をとるのか?
このあたりがカルト宗教のカルトたるゆえんかもしれない。
そういう行動をとるので「カルト」と呼ばれるのだろう。

この教団は教義そのものより、教団の運営の手法の方に問題があるのかもしれない。
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2011-03-05 23:13 | 教義

浅見定雄『新宗教と日本人』晩聲社、大川隆法『ノストラダムス戦慄の啓示』幸福の科学社

d0194830_23434424.jpg
『新宗教と日本人』には浅見氏の「“幸福の科学”からの手紙」-「“幸福の科学”教義の滑稽をめぐって」が掲載されている。このなかに引用されている大川総裁の本があまりにもひどい差別的な内容なので本当かと思って読んでみた。
読んでみると浅見氏のいう通りひどいので驚いた。

『ノストラダムス戦慄の啓示』と聞くと、ノストラダムスの翻訳か何かと勘違いする人もいるだろう。まえがきやあとがきでも霊人としか書かれておらず、まさか大川総裁がノストラダムスの名を語って作った話だとは気がつかないと思う。

話の内容は日本とイスラエルが世の支配をすることになるというものだ。
諸外国には差別的な言葉が浴びせられている。



d0194830_2346313.jpg
ロシアには「呪いがかかっている」(p.18)
イギリスには日本に「許しを乞うがよい」(p.27)
フランスには「悪しきことを心に抱いている」(p.33)
東南アジアの国々は再び日本の「軍門に下らん」(p.38)
中国には「数限りなく犯され続けてきた」(p.41)
「8億人は死ぬ」(p.114)
北朝鮮と韓国には「おまえたちは没し去るであろう」(p.45)
アメリカには、自由はよかったが平等主義によって「精神に次々と障害が生まれている」(p.81)

21世紀、日本は無敵となり、
アメリカの「のどを食いちぎり」
力尽きたロシアを「打ち倒し」
老いたヨーロッパを「あざ笑い」
中国を「奴隷とし」
朝鮮を「端女(はしため)とする」(p.159)

日本に興る「太陽の法」(つまり幸福の科学)が世界を救うのだ。(p.163)

という内容の本だ。
浅見先生はこの本を詳細に批判しているが、普通の人はこんな本を読むのも苦痛だろう。

ノストラダムスの言っていたこと自体がかなりいいかげんだと思っていたが、実は当時、この本のような内容だったのかもしれない。
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2011-01-22 23:45 | BOOK

幸福の科学はカルトなのか?

d0194830_7473846.jpg
(2009年9月18日PJNewsより。表をクリックするとはっきりと読めます)

2009年9月18日のPJNewsには「幸福の科学は“カルト”なのか」という記事がある。

幸福の科学はカルトなのか。

ジャーナリストの藤倉義郎氏は「私自身は、カルトである可能性を念頭に置いて警戒すべき対象であると考えている」と書いている。

日本ではカルトの定義は明確でない。

藤倉氏によると、「カルト問題に取り組む人々の間でコンセンサスとなっている判断基準は、“人権侵害などの反社会的要素があるかどうか”である」らしい。

オウム真理教によるサリン事件や統一協会による霊感商法の数々の訴訟はわかりやすい典型的な例だ。しかし、藤倉氏は、「人の精神や行動を束縛し、その手段や結果に反社会的な要素があれば、私はカルトと呼ぶ」と言っている。

では、幸福の科学のどこが反社会的なのかについて、PJNewsの記事によると次の点だ。

(1)フライデー事件を反省していないこと

1991年の「フライデー事件」では幸福の科学の信者たちは講談社に乗り込んでハンドマイクでがなりたて、電話やFAX攻撃で会社業務をマヒさせた。
フライデー事件では、教団が原告となった訴訟のほかに、全国7つの地方裁判所で信者約3000人が講談社を相手取って訴訟を起こした。賠償請求額の合計は約30億円。教団が原告となった訴訟については教団が勝訴したが、個々の信者による訴訟は、フライデーの記事で実名を挙げられた作家・景山民夫氏と女優・小川知子氏について計60万円の賠償が認められただけで、ほぼ全敗。これによって、団体が名誉を傷つけたとしても個々の構成員に賠償請求権はないとする判例が確立された。

しかし、教団はこれらを<希望の革命>と呼んで反省はみじんもないのだ。


(2)常軌を逸した額の損害賠償を求めて訴訟を乱発してきたこと

幸福の科学は、これまでメディア以外に対しても手当たり次第に牙をむいた。1993年には、暴露本を出版した元幹部に対して、幸福の科学が1億円の支払いを求める訴訟を起こした(最高裁で敗訴)。95年には、教団の施設建設に反対していた栃木県の住民団体代表者を相手に、1億円の賠償金を求める訴訟を起こした(その後、取り下げ)。

1997年には、幸福の科学から献金を強要されたと主張する被害者の訴訟代理人・山口広弁護士に対して、8億円の損害賠償を求め提訴した(最高裁で敗訴)。山口弁護士を訴えた訴訟の判決で東京地裁は、提訴を「教団を批判する者に対する攻撃、威嚇の手段として訴訟制度を利用」しようとしたとして、逆に幸福の科学に100万円の賠償支払いを命じている。高裁で、この判決が確定した。

PJnewsに掲載されている幸福の科学が起こした訴訟の数々が上の表。
これは裁判所を、メディアや地域住民に対する「威嚇攻撃」の道具として使っているようにも思える。

藤倉氏はこう書いている。

宗教団体にも訴訟を起こす権利はある。しかし「攻撃、威嚇の手段として訴訟制度を利用」するのは、どう考えても反社会的だ。もはや“訴訟カルト”と呼ぶ以外ない。

幸福の科学の広報は
「うちは、もう10年くらい、訴訟もほとんどなく、おとなしくしているんですよ」
と言っているらしい。

では、最近おとなしいからもう安心なのか?

藤倉氏は「その後、ほとんど訴訟がない(新潮社を訴えたケースはある)とは言え、本格的な批判報道がない中でのことだから、“安全宣言”の根拠としては不十分だ」という。

要するに、安全でない理由は過去に起こしたことに対する反省がないからだ。
反省がないところに同じ行動を引き起こさない保証はないというのだ。

「批判報道がない現状自体が、そもそもフライデー事件の威嚇効果なのではないか。幸福の科学の関連サイト<幸福の科学 法務室>には、彼らの対メディア闘争の歴史が記されているが、高額な賠償を請求した濫訴への反省はない。フライデー事件の頃にはなかったインターネットが普及し、一般市民の言論の幅が広まっている現在だからこそ、反省なき“訴訟カルト”は、よりいっそう警戒されるべき存在だろう」(PJNewsより)

たしかに幸福の科学のホームページには法務室というページもある。
これがとても詳細に書かれているので、法律の素人が一通り読んだけでは問題がわからないように思う。

しかしよく読むと、自分の負けた8億円損害賠償訴訟などは「誤判」と断定しているし、フライデー事件については、マスコミ報道を「精神的公害」と決めつけ、自分たちの行動を<希望の革命>と呼んでいるのだ。

事実と照合して判断しないとわからないように、<法務室>のページは巧妙に作られているのだ。

法律に対して、こういう感覚の団体は、もはや地域社会と平和的に共存することは不可能だと思える。

PJNEWSの記事はこちら
幸福の科学は“カルト”なのか 2009年09月18日 06:20 JST
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2011-01-16 08:15 | 裁判

山田直樹『新宗教マネー』宝島社新書

d0194830_045630.jpg
幸福の科学に限らず新宗教の教団にはお金持ちが多い。

幸福実現党は2009年夏の衆院総選挙で337名の候補者を立て、全員が落選した。法定得票数を下回ったため、11億5800万円の供託金が没収された。その他の選挙費用も合計すると、夏の衆院選で80~100億円のカネを使ったことになるらしい。

その直後に制作した教団の第6作となる映画『仏陀再誕』では宣伝費だけで20億円以上かかったという。

どうしてこんなにお金があるのか。
それは出版を中心とした古いビジネスモデルが有効に働いているかららしい。

今や創価学会の池田本を上回る大川総裁のヒット本の数々。
出せば必ず売れる。
出版流通関係者によると「必ず買っていく」固定客がいるからだそうだ。
そういえば信者は大量に買い込んで配っている。

出版社を含む幸福の科学の蓄財は年間2000億円以上といわれている。

創価学会にすさまじいライバル心をむき出すようだが、目指しているのは創価学会と同じく「家の宗教」。

幸福の科学は0歳児から6歳児を「エンゼル信者」と呼んで0歳からでも入信できる。
少年少女期は、経営している塾へ、中学校・高等学校をつくり、大学もつくる計画。
シニア塾もあれば、納骨堂や墓の事業もある。

一生を通じて、信者をビジネスの対象とするしくみをつくっているのだ。

幸福の科学が学校づくりに興味を示すのは信者養成のほかに、学校法人にも非課税特権があるからだという。その上、私学助成金まである。

この本に貫かれているのは、非課税組織としての宗教法人の見直しだ。
たしかに見直す時期かもしれない。
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2011-01-16 00:05 | BOOK