幸福の科学の学校建設を考える

ooginosato.exblog.jp
ブログトップ

不思議な霊言の数々

大川総裁の霊言とはどんなものかと思って、YouTubeで「日蓮の霊言」を見たら驚いた。

お祈りのようなものの後、「日蓮です」とふつうにしゃべり出す大川総裁。

日蓮の霊言はこちら

最初はコントが始まったのかと思っていたら、大川総裁はまじめだし、まわりの信者たちもまじめに聞いている。
これならわざわざ霊言などと言わずに、「日蓮上人がゆうべ私の夢に出てきてこう話したんです」と言えばいいようにも思う。「霊言」というのがよくわからない。
話のなかで、日蓮上人は幸福の科学の行く末についてアドバイスしている。

「政党の政策も短いスパンで研究してどんどんいいものを生み出して....」と話している。
なぜ日蓮上人が、現在の幸福実現党のことや政策に関心があるのだろう?

霊が降りるというのがこういうものなら、日常会話との差は何なのだろうか。


次に見たのが、「陰陽師安倍晴明/賀茂光栄の霊言」。

陰陽師安倍晴明/賀茂光栄の霊言はこちら

これも「安部晴明です」で始まる。
大川総裁の声でしゃべり、イントネーションはどう聞いても大川総裁そのもの。
話はなぜが北朝鮮の核ミサイル。安部晴明の時代は北朝鮮なんて言い方はなかったはずなんだが...。
迎撃ミサイルは「霊的にはれんがえしで返してしまうこと」とか言っている意味がよくわからない。


極めつけは、「イエスの霊言」。

イエスの霊言はこちら

「アイム、ジーザス・クライス」で始まる。
どうしてパレスチナで生まれたイエス・キリストが英語でしゃべるのかも不思議。それになぜか、話す英語もカタコト。
どう考えても中年の日本人男性が自分の知っている単語を駆使して、「あー」「うー」と英語を絞り出しているようにしか見えない。

聴衆が笑わずに聴いているようなので、宗教というのは不思議な力があるものだと思う。
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2011-01-01 21:53 | 教団

建設予定地から琵琶湖をのぞむ

d0194830_12413.jpg
グラウンド予定地の下には「かざみ公園」という小さな公園がある。愛犬家が集まる公園だ。ここからの眺めは絶景。左の方には琵琶湖大橋、右の方は対岸の守山市の街並みがあり、風力発電の巨大なプロペラも見える。
かざみ公園というだけあって、いつも風が吹いている。中央のパーゴラの上には風見鶏が動いている。住民の安らぎの場所である。
この近くに教職員宿舎も建てる計画になったらしい。このあたりの雰囲気も変わってしまうのだろう。



d0194830_122065.jpg

仰木の里には大きな公園が二つある。東公園と西公園だ。
東公園の丘に上がって東を眺めると、建設予定地の向こうに琵琶湖が広がっている。愛犬の散歩でよくこの丘に上がる人がいる。住民の癒しのスポットなのだ。
幸福の科学の学校ができると琵琶湖は見えなくなる。丘からは幸福の科学の校舎しか見えなくなる。この丘に上がる人もいなくなるだろう。こういう景色をみるたびに、住宅地の真ん中の広大な敷地に信者のための学校を建てるという幸福の科学の感覚がよく理解できない。
この土地を坪8万円くらいで売る都市再生機構(UR)もどういうつもりなのだろうか。

今回の計画に住民が強く反対する気持ちはよくわかる。
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2010-12-31 01:45 | 街並み

幸福の科学学園 関西校概要発表 朝日新聞 12月21日

朝日新聞も学校法人「幸福の科学学園」(栃木県那須町)が20日、県庁で会見し、大津市内に建設を予定している関西校の計画概要を発表したことを伝えている。

開校に反対する地元住民に対しては「話し合い、理解を得ながら計画を進めたい」と話したらしい。

今年4月には栃木県那須町に全寮制の中高一貫校を開校したが、生徒全員が信者でだった。このことについて、学園は「一般入学も受け付けているが、結果的にそうなった」としている。

地元には18、19の両日、自治会の正副会長などを対象に計画を説明したという。「宗教施設ではなく通常の学校。丁寧に説明していきたい」としている。

開校に反対する住民団体「北大津まちづくりネットワーク」のメンバーは「学校を作る前に地元住民に相談するべきだった。今後説明会を重ねるごとに疑問が出てくると思う。計画自体を見直してほしい」と話したことも報じた。

記事はこちら
幸福の科学学園 関西校概要発表 朝日新聞 12月21日
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2010-12-25 16:30 | マスコミ

幸福の科学 大津に学校 12月21日 読売新聞ほか

読売新聞によると、学校法人「幸福の科学学園」が12月20日に「幸福の科学学園関西中学校・高等学校(仮称)」を、大津市仰木の里東に2013年4月に開校させると発表した。

初年度は中学1年生70人、高校1年生100人の入学を予定している。高校には特進クラスを設け、進学校を目指す。今年4月に開校した那須の学校は全寮制だが、関西校は8割が寮生、2割が通学生としている。

この記事では、建設に反対する「北大津まちづくりネットワーク」が設立総会を開き、約300人が参加したことも伝えている。


学園側は18、19両日に地元自治会の代表者ら約70人に学校概要などを説明した。
土地は、都市開発機構(UR)から譲渡されるため、UR関係者も出席したという。

説明会に出席した住民の男性は取材に「学校を建設した後に宗教施設に転用される可能性もあり、住居環境が脅かされる不安は払拭できていない」と話したらしい。

記事はこちら
幸福の科学 大津に学校 12月21日 読売新聞


他の新聞記事はこちら

幸福の科学学園:難関大進学校に 学校概要を発表 毎日新聞 12月21日


幸福の科学学園が概要発表 大津に中高一貫校 中日新聞 12月21日
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2010-12-25 15:44 | マスコミ

仰木の里進出以前の教団のニュース

仰木の里に学校進出することで話題になる以前に「やや日刊カルト新聞」に掲載された幸福の科学に関する記事は以下の通り。

幸福実現党の話題が多いが、他の宗教批判や受験参考書の販売、非課税収入などの話題も。

2009年7月12日
大川隆法氏「九億円なんてゴミ」「ウチは宗教界のトヨタ」


2009年8月13日
幸福の科学「イエス、Oターン!」

2009年8月16日
幸福の科学・大川隆法氏も「イエス、Oターン!」

2009年9月4日
開票速報 in 幸福実現党本部

2009年10月13日
秋葉原で『コスプレの科学?』

2010年1月12日
幸福実現党・応援団長に坂本龍馬氏(175歳)が就任

2010年2月24日
幸福の科学、ついに宇宙へ


2010年4月8日
幸福の科学の“予備校化”が加速


2010年5月29日
幸福実現党、30人の“政治女子”が初街宣

2010年6月9日
幸福実現党「有志」サイトが捏造記事を掲載、削除


2010年6月11日
幸福実現党「有志」サイトが写真を盗用


2010年6月12日
幸福実現党 立党一周年記念大会

2010年6月13日
「幸福の科学ナイトだぜよ!」超ロングリポート


2010年8月19日
幸福の科学信者(?)が批判者に異常な殺害予告=5日間で1700件


2010年9月5日
小沢一郎(霊)と幸福の科学の密約?


2010年9月6日
幸福の科学で新宗教オールスター戦開幕か


2010年10月13日
沖縄知事選めぐり大江議員と幸福実現党が対立


2010年11月11日
幸福実現党イベントに多彩なゲスト、あの美人区議も
[PR]
# by ooginosatoeast2 | 2010-12-25 15:25 | 教団